Profile

Join date: Jun 20, 2022

About

<ドラゴンボール超 スーパーヒーロー>公開9日で興収12.7億円突破 94万人動員 第2


ドラゴンボール超 スーパーヒーロー:公開9日で興収12.7億円突破 94万人動員


傑作『ブロリー』から4年 『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の様々な新し


鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」が、6月11日の公開から9日間で興行収入が12億7000万円を突破したことが分かった。観客動員数は94万人を突破した。


【写真】鳥山明、描き下ろしも! 「鳥肌モノ」の「スーパーヒーロー」語る!


6月25日から第2弾入場者プレゼントとして、原作者の鳥山さんが描き下ろしたイラストを使用したビジュアルクリアボードが配布されることも発表された。全2種で、100万枚限定。


「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来となる劇場版。原作者の鳥山さんが脚本、キャラクターデザインを担当した。前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートを手がけた児玉徹郎さんが監督を務める。かつて、孫悟空によって壊滅した悪の組織のレッドリボン軍の意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだし、ピッコロ、孫悟飯らを襲う……という展開。


鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」が、6月11日の公開から9日間で興行収入が12億7000万円を突破したことが分かった。観客動員数は94万人を突破した。


6月25日から第2弾入場者プレゼントとして、原作者の鳥山さんが描き下ろしたイラストを使用したビジュアルクリアボードが配布されることも発表された。全2種で、100万枚限定。


「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来となる劇場版。原作者の鳥山さんが脚本、キャラクターデザインを担当した。前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートを手がけた児玉徹郎さんが監督を務める。かつて、孫悟空によって壊滅した悪の組織のレッドリボン軍の意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだし、ピッコロ、孫悟飯らを襲う……という展開。


キャラクターグッズを手掛けるコスパ(東京都渋谷区)は、6月11日に公開の映画『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』の新作アパレル&グッズを発売すると発表した。週末動員数ランキングと週末興行収入ランキングで1位を獲得した映画作品とコラボすることで、売り上げの拡大を狙う。


【写真12枚】悟空&ベジータTシャツなどのデザインを見る


映画『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』は、6月11日と12日の2日間で49万8000人を動員し、興行収入は6億7000万円を超えた。今回のコラボ商品では、Tシャツやマグカップ、デイパックなどを展開する。


「スーパーヒーロー悟空&ベジータTシャツ」「スーパーヒーロー 悟飯&ピッコロTシャツ」の価格は3190円に設定した。


「ドラゴンボール超スーパーヒーローフルカラーマグカップ」(1650円)は、映画に合わせたアメコミ風のデザインをあしらった。


2wayバックパックに界王星 Tシャツ

 「ドラゴンボール超スーパーヒーロー 2wayバックパック」(4290円)は、A3サイズが入る大容量のバックを用意した。


また、『ドラゴンボールZ』で登場する界王星のTシャツもラインアップに加えた。「界王星 Tシャツ」の価格は3190円に設定している。


各商品は8月下旬から発売予定とし、7月中旬からフジテレビショップ「フジさん」の東京駅店・台場店・レイクタウン店での先行販売も決定しているという。


1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」にて大人気作品として連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画『DRAGON BALL』。


そのシリーズ最新作として2022年6月11日(土)より公開中のアニメ映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』が、興行収入12億円を突破しました!


また、第2弾入場者プレゼントが鳥山明先生描き下ろしよるビジュアルクリアボードに決定。全国の劇場で合計100万枚限定となっており、6月25日(土)より配布されます!


『ドラゴンボール超 ブロリー』(2018年)の登場は衝撃的だった。約35年ほどにも渡る、アニメ『ドラゴンボール』映画シリーズのなかで、映画評論の文脈でいっても、ためらわず「傑作」と言うことができる一作が、ついに現れたからだ。


【写真】新たな敵と戦うメガネ姿の孫悟飯


惑星を破壊できる規模の豪快なアクションシーンが延々と続く内容ながら、新しく解釈し直された悲劇の戦士“ブロリー”の物語が、言葉でなく肉体のぶつかり合いや、衝撃によって次元すら破裂していくなどの、ダイナミックな作画によって紡がれていくといった内容は、映画作品として実験的であるとともに、むしろ無声映画の時代に近い、映画本来の魅力に回帰しているようにも見える。現代において、まさに『ドラゴンボール』シリーズでなければあり得ない方法で、唯一無二といえる映像体験とエモーションをもたらしてくれたのだ。


2022年6月11日から公開中の映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』より、人造人間の「ガンマ1号」、「ガンマ2号」が、アクションフィギュアシリーズ「S.H.Figuarts」に登場。プレミアムバンダイにて現在予約を受け付けている。


また、『ドラゴンボール超』のシリーズで顕著になった、サイヤ人の変身形態が無数に増えていき、悟空やベジータの髪色が様々に変わっていくという設定が、チープに感じられてしまうという構造的な問題を逆手にとって、どれだけ強い状態に変化していっても、敵であるブロリーの戦闘力が追いついてくるという仕掛けを用意し、主人公たちにとってのサスペンス演出に転化することで強みに変えたのも見事だった。

123Movies ウォッチ ドラゴンボール超 スーパーヒーロー (2022) 映画オンライン 完全無料ダウンロードHD 2022年06月20日

More actions