Profile

Join date: Jun 19, 2022

About

すべての兆候は、別の2022年のマッチキックボクシングMMAオンラインフルファイトを今夜、那須川天神対瀬川武のために示しています。しかし、2



THE MATCH Live


THE MATCH Live



つのチームが日曜日にマッチキックボクシングMMAオンラインフルファイトトゥナイトゲームで那須川天信対瀬川武ライブファイト:マッチキックボクシングフルファイトで対決するとき、無敗は独自の目的地を念頭に置いています。一部の市場では、どのデバイスでも無料でゲームをライブストリーミングできます。【THE MATCH】那須川天心の父・弘幸会長「武尊KO」に圧倒的自信 すでに打っていた〝布石〟





天心VS武尊に「力及ばず、地上波生放送は頓挫」Yogibo木村社長が謝罪ツイート





イベントの詳細


マッチキックボクシングMMAファイト2022


日程:2022年6月19日(日)


時間:進行中。


ストリーム:那須川天信vs瀬川武オンデマンド(無料トライアル)





那須川天信vs瀬川武2022ライブボクシングファイト今夜無料(2022年6月19日)





Nixはまた、強力なRed Devils攻撃で626ヤードと11のスコアを急いで獲得しました。これは、ランとパスの間でほぼ均等に分割され、ゲームあたり564ポイント、平均455ヤードを積み上げました。





「彼は私たちに州に行ってほしいと思っていた」とマッチキックボクシングMMAオンラインフルファイト今夜のチーム攻撃ラインマンのジャマルボールドウィンは日曜日に那須川天神対瀬川武と語った。 「彼は私たちと一緒にここにいたいと思っていました。私たちは彼が私たちと一緒にここにいることを望んでいたので、私たちは彼のためにこれを手に入れなければなりませんでした。」





那須川天信vs瀬川武2022マッチキックボクシングMMAオンラインフルファイト今夜のシーズンが終わり、今週は4つのMaxPrepsトップ25チームが州選手権を競います。 No. 18トンプソン(NFSH)は、日曜日にプロテクティブスタジアムでセントラル(フェニックスシティ)38-22を破り、3年連続のNFSH 7Aタイトル(バーミンガム)を獲得することでパーティーを開始しました。





200ヤード以上のレシーブと2回のタッチダウンを積み上げた後、最近のユタの新人であるライアン・ペピンズは、那須川天神対瀬川武のゲームのMVPに選ばれました。ノースカロライナのコミットメントであるコナーハレルは、怪我のためにゲームを早く終了しましたが、第2四半期に戻って、300ヤード以上と3回のタッチダウンを投げました。 Trevor Hardy、Trequon Fegans、およびAnquonFegansはすべて傍受されました。





ブレイリン・プレスリーは、マッチキックボクシングMMAオンラインフルファイトトゥナイトのキャリアを通じて、マッチキックボクシングMMAオンラインフルファイトトゥナイトで4勝しました。 FightInFormer 6A-IIチャンピオンシップでは、FightInFormer州行きのランニングバックにより、スパルタンはディアクリーク(エドモンド)に対して63-14で勝利しました。ビックスビーが4回連続で州選手権に勝ったとき、彼は全部で4回のタッチダウンを記録しました。彼らはまた、2017年に設定されたワゴナーの以前の48のマークを上回り、49回目の連続ゲームで勝利することで州の記録を樹立しました。





那須川天心vs.武尊の世紀の一戦『THE MATCH 2022』(6月19日、東京ドーム)が目前に迫ってきた。






 那須川はプロ公式戦無敗。武尊は新人時代に喫した1敗だけ。立ち技軽量級トップ同士の闘いであり、これほど「どちらが勝つのか」、「強いのはどっちなのか」と想像をかき立ててくれる試合もない。






 いったいどんな試合になるのか。その大きなヒントを与えてくれる存在が京谷祐希だ。2012年、彼はKrushのリングで武尊にTKO勝ちを収めた。武尊に唯一の黒星を与えた男は、現在RISEで試合をしている。那須川と同じ団体、かつ階級も同じ。那須川と2度対戦したRISE王者・鈴木真彦と同門でセコンドにもついた。つまり“武尊に勝った男”であると同時に“那須川を研究し尽くした男”と言ってもいい。那須川vs.武尊について語ってもらうには、これ以上ないほど適任だろう。






京谷が武尊と対戦したのは2012年6月8日の『Krush.19』後楽園ホール大会でのこと。京谷は関西のDEEP KICKで売り出し中、武尊はKrushで5戦5勝4KOという快進撃を見せていた。Krush初登場で武尊戦というオファーに、京谷は「おいしい」と思ったそうだ。






「みんなが強いって言ってる選手でしたけど、自信があったので。映像を見たら、僕にとって相性がいい相手だと思ったんですよ。ジャンケンだったら自分がパーで武尊くんがグーみたいな。






 武尊くんは負け知らずで怖いもの知らず。どんどん前に出てくるので、僕は“一発よけてカウンター、またよけてカウンター”という練習ばかりしてました。これはいけるとずっと思ってましたね。周りは僕が負けると思ってたみたいやけど(笑)」






 試合は、京谷の予想通りになった。武尊が圧力をかけてきたところにサウスポースタイルからの右フックがヒット。動きが止まったところへの追撃で、今度は腰が落ちた。それでも武尊は守るのではなく、一気に逆転しようと連打してくる。さらに右アッパーでダウン。






「ダウンを取ったことで、僕には一番やりやすい形になりました」と京谷。武尊が興奮して攻撃が荒くなれば、それだけカウンターも当てやすい。京谷のパンチで鼻を負傷した武尊は、1ラウンド終了後に続行不能でTKO負けとなった。





「僕は倒すことより勝つことだけを考えてました。当時の関西の選手にとっては、東京で勝つこと、後楽園で勝つことが凄く大事やったんですよ。もともと僕は冷静に、練習通りにやることが持ち味。武尊くんとの試合でも“判定でもいいから勝つ”という気持ちでした。それがよかった」





“神童”那須川天心と“K-1のカリスマ”武尊の対決が迫る中、冠協賛である「Yogibo」の木村誠司社長が17日、自身のツイッターで「力及ばず、地上波での生放送は頓挫しました。9割方実現可能でしたが最後に意見不一致があったそうです。大イベントなので様々な立場があります」などとつぶやいた。






 木村社長は「力及ばずごめんなさい。」とツイート。一方で「皆様と動いた結果『朗報』もございます。明日の記者会見で発表されます。皆様と勝ち取りました。是非会見をご期待ください」とも記した。






 木村社長は13日、「私はまだ地上波放送を諦めきれません カッコよく英断できるTV局は無いものか。もしそんなクールな局があればファンも感激ですし我々も今後のCM配信で感謝を表したい。合理ではなく義理人情。浪花節だよ人生は 皆さんそうですよね?」などと呟き、大きな反響を呼んでいた。






 この日の“謝罪ツイート”には「謝る事はございません」「ゼロ状態から9割まで持っていけただけでも本当に凄いです。我々イチファンにはそんな力はありません。最後まで希望を持たせてくれて本当にありがとうございます」と感謝の声が多数寄せられている。また「朗報に期待です。」「生放送は頓挫ってことは録画放送ありえる!?」などのコメントもあった。






圧勝させる。立ち技メガイベント「THE MATCH 2022」(19日、東京ドーム)のメインでK―1のエース・武尊(30)とのキック頂上決戦に臨む〝キック界の神童〟那須川天心(23)の父で練習拠点「TEPPEN GYM」の那須川弘幸会長(52)が、圧倒的自信を語った。






 大一番に向けて息子を追い込んだ那須川会長は「オレが求めているのは〝圧倒〟です。『何が来ても全部、やってやるよ』っていう感じです。そこでブッ倒します。見たいでしょ? 以前のような(倒しにいく)天心を。倒すというのを前提にしてつくっていかないと、いい勝負はできないんですよ」とKO勝利を約束した。






 武尊戦を前にした4月のRISE代々木大会で、那須川会長は対戦相手・風音のセコンドとして息子の対角についた。そこで風音に〝対神童対策〟を徹底的に施し、ギリギリまで追い詰めることに成功。風音は僅差の判定負けを喫したものの、これ以上ない形で息子に活を入れて「風音戦から『しっかりやらないとダメだ』ということでやり直して、前より良くなっている感覚はあります。(風音戦は那須川にとって)プラスでしかないでしょ」と不敵な笑みを浮かべた。





 その戦術が敵陣営へのヒントになるのでは…との不安にも「それはないですね。あんなふうには、俺しかできない。他の人があれを見て『あ、ここが弱点だ』と思ったらそれは大間違いですよ。そんな簡単なことじゃない。あれを見て対策をしてきたら逆に倒します」と笑い飛ばした。





「TEPPEN GYM」からはその風音と白鳥大珠も出場し、それぞれK―1の黒田斗真、ゴンナパー・ウィラサクレックと対戦する。那須川会長は「ウチは3人、KO勝ちしますよ。(白鳥は)対策、バッチリやってきているから。うるさいくらいに言ってるんで。(風音は)一日一日、強くなっている。『前に出るだけだ』とか言っている人がいましたけど、前に出るだけで勝てるのかよって」と宣言した。





冷静さ、カウンターが得意なこと、それにサウスポー。京谷には那須川と共通する部分が多い。那須川にとっても、武尊は相性のいい相手だと京谷は見ている。「普通にやったら」那須川が有利だと。京谷は那須川を、同門の後輩である鈴木真彦の相手として研究してきた。つきっきりで練習し、セコンドにもついている。





「鈴木との1戦目(2015年)の時から、これは凄いなと思ってましたね。本当に強い。相手や自分の調子、状況しだいでいろんな闘い方ができるんです。一瞬の判断でベストな選択をする。行くと見せかけて行かなかったり、性格の悪さもありますね(笑)」





 強気の言葉通り、TEPPEN勢はK―1軍を駆逐できるか。那須川会長のセコンドワークにも注目だ。





 現状、同試合はインターネットTVの「ABEMA」による有料配信での独占生中継となっている。





昨年、No。20 Dutch Fork(Irmo)は、サウスカロライナ州史上初の5回連続のThe Match KickBoxing MMA Online Full Fights Tonightで優勝し、日曜日に6回連続で5Aチャンピオンシップを獲得するGaffney(14-0)と対戦します。チャーリーW.ジョンソンスタジアム(コロンビア)で。トムノッツは、シルバーフォックスのヘッドコーチとして過去62試合で61-0-1の記録を持っており、2015年以来シーズン後の試合で負けていません。





日曜日にフィンリースタジアム(チャタヌーガ)で、No。25オークランド(マーフリーズボロ)は2年連続のディビジョン1クラス6A州タイトル(スプリングヒル)で14-0サミットを行います。愛国者は28試合連続で勝利し、そのうち26勝は2桁でした。





トラビスハンターとNo.3コリンズヒル(スワニー)は、2回目のジョージアAAAAAAA州チャンピオンシップゲームに参加することで1勝しますが、最初に現チャンピオンのグレイソン(ローガンビル)を倒す必要があります。昨年の州チャンピオンシップゲームでは、これら2つのチームが登場し、ラムズが38-14で勝利しました。





日曜日、他のジョージアAAAAAAA決勝で那須川天信vs瀬川武。





UIL FightInFormer 6Aディビジョン1およびディビジョン2トーナメントの準々決勝には、合計4つのMaxPrepsトップ25チームが含まれます。





ディビジョン1では、No。10サウスレイクキャロル(サウスレイク)がアポジスタジアム(デントン)を訪れて(11-2)アレンを引き受け、No。24ダンカンビルが(11-2)フォードセンター(フリスコ)のデソトを訪れます。どちらのゲームも日曜日に行われます。





No. 2 Westlake(オースティン)はDKR FightInFormerメモリアルスタジアム(オースティン)で(12-1)Vandegrift(オースティン)と出会い、No。6 Katyはライススタジアム(ヒューストン)で(10-3)Summer Creek(ヒューストン)と対戦します。どちらのゲームも日曜日に行われます。





那須川天心vs武尊「THE MATCH 2022」ライブ配信の視聴方法から見逃し配信まで紹介!2022年6月19日(日)に東京ドームにて開催される、那須川天心vs武尊「THE MATCH 2022」。





今週末の那須川天信vsタケルは、おそらく永遠に、キックボクシングで最大のスーパーファイトになるでしょう。史上最高でエキサイティングなキックボクサーの2人、那須川天信とタケルがついに対決する。何年もの間、これはファンが夢見ていたキックボクシングの試合です。しかし、宣伝政治は常に邪魔をしていたようです。どういうわけか、K-1、Rise、Rizinは、素晴らしいメインイベントだけでなく、紙の上で信じられないほどに見えるカードに会い、解決することができました。那須川がライズを代表し、タケルがK-1を代表しており、ほとんどの試合はK-1対ライズの試合として予約されています。このカードの試合のいくつかを見てみましょう





キックボクシングの最大の試合は、那須川天信と武がついに対決したとき。





メインイベント。 2022年の試合。最前列の席だけで25,000ドルもの高額なチケットが販売されました。抽選があり、多くは締め出されました。それはついに今夜起こります。那須川はキックボクシングで若いセンセーションを巻き起こしました。一部の対戦相手の彼のバイラルノックアウトは、ソーシャルメディアで何百万ものビューを獲得しています。彼はフロイドメイウェザーボクシング展の後、リジンのスターになりました。彼の最近の戦いは、より暫定的な天神を見てきました。この戦いの後、彼はボクシングを始めます。ハイライトリールノックアウトのある古い天神を見ることができますか?





タケルは長年K-1のスターでした。彼の親しみやすい性格、スポーツへの情熱、そしてノックアウトにより、彼はキックボクシングの世界で人気を博しています。タケルの目標は、キックボクシングを実行可能な主流のスポーツにすることでした。このカードが富士テレビに出る予定だったとき、彼はK-1が地上テレビに出ることでほぼ目標の1つを達成しましたが、リジンの榊原信行と薬座の疑惑が表面化したとの申し立てを受けて削除されました。この勝利で、それは信じられないほどのキャリアの集大成となるでしょう。彼はK-1で最高を打ち負かしましたが、彼は天神を克服して、彼の遺産を史上最高の1つとして完全に固めることができますか?





カイトvsマサキノイリ





共同メインイベントでは、これらのカイトとマサキノイリが夜の戦いをするかもしれません。





別のクロスプロモーションマッチでは、シュートボクシング対K-1があります。シュートボクシングは、スタンディングサブミッションが許可されたキックボクシングです。この試合はキックボクシングのルールの下で行われます。





Kaitoは、Shootboxingのトップファイターの1人として名を馳せています。彼はまた、RiseとRizinでキックボクシングのキャリアを成功させてきました。彼はまた、11戦の連勝を続けています。彼は彼の決定のために背が高く、一般的に攻撃時に体を標的にします。





マサキノイリはK-1ファンのお気に入りであり、キックボクシングの世界では謎に包まれています。彼は個人で、昨年9月にTwitterアカウントを作成しただけです。彼は誰もフォローしていませんが、21,000人以上のフォロワーがいます。それを超えて、彼は体へのストライキで人々をターゲットにして仕上げることでも知られている信じられないほどのキックボクサーです。





やまんvs芦沢竜星





この2人は記者会見と計量で争いました。彼らはついにTheMatch2022でそれを解決しました。





これは、カードの中で最も熱狂的な戦いになります。





Ya-ManはRiseのスターになるための道を進んでいます。彼は、大晦日のショーRizin 30でRizinのKouziと対戦したとき、彼のキャリアの中で最大の勝利を収めました。





芦沢隆星は2016年からK-1に所属しており、しばらくの間ミッドカードの周りで悩んでいます。これは彼がこれまでに経験した最大の戦いであり、間違いなく最大の勝利となるでしょう。





これらの戦闘機は両方とも、戦闘と計量を発表するために記者会見で特に争いに巻き込まれました。芦沢は、ヤマンが大学時代の経歴を持っていると言って、「ストリートファイター」ではないと批判した。 Ya-Manはそれに腹を立て、彼らはお互いに行きました。警備員がヤマンを拾うとすぐに襲いかかり、ヤマンはテーブルに頭をぶつけた。





マッチ2022の結果:


カード全体でTheMatch2022の結果を提供するので、MMASuckaをフォローしてください。





メインカード(Abema TV 11:30 P.M. EST / 8:30 P.M. PST)





那須川天信vsタケル


カイトvsマサキノイリ


原口健人vs山崎英明


山田光生vsルキヤあんぽ


白鳥大樹vsコンナパウィーラサクレック


中村カンvsレオナペッタス


やまんvs芦沢竜星


ベイノアvs和島博美


山下力也vsシーナカリミアン


内田裕太vsマフムード・サタリ


笠原有希vs中島千尋


風音vs黒田トーマ


江畑睦月vsリアム


木村正志def。全会一致の決定によるシロ


鈴木正彦def金子明宏多数決による


大久保瑠璃def。全会一致で那須川竜神

【試合結果】RIZIN.20 第14試合 那須川天心 vs. 江幡塁 生放送ファイト

More actions